FC2ブログ

xCodeとJenkinsでiOS AppのContinuous Integration(CI)を試してみる。

Xcodeを使ったiPhone/iPadのアプリケーション開発で、Jenkinsを使ったContinuous Integration(CI)が出来ないか試してみました。

Jenkinsでは「SICCI for Xcode Plugin」というXcode向けのプラグインが用意されており、これを使う事でCIの環境を構築する事ができます。

1. 「SICCI for Xcode Plugin」の導入

[Jenkinsの管理]>[プラグインの管理]から、[利用可能]のタブを選択して「SICCI for Xcode Plugin」をチェックし、プラグインのインストールを行います。

インストールをすると以下の様にインストール済みのプラグインに「SICCI for Xcode Plugin」が追加されます。
1.jpg


2. ジョブの作成

トップから「新規ジョブの作成」を選択し、「フリースタイル・プロジェクトのビルド」を選択して「OK」を押します。

3.jpg

xCode向けの設定は「ビルド」の項目で行う必要があります。「ビルド手順の追加」を選択し、以下の様に実行するxCodeプロジェ九tの項目を設定するとJenkinsのジョブからXcodeのプロジェクトをビルドすることができます。

2.jpg

この例ではプロジェクトファイルをビルドする設定のみになっていますが、xUnitの実行も指定する事が出来ますので、このプラグインで併せて設定する事ができます。

スポンサーサイト



テーマ : Apple
ジャンル : コンピュータ

2011-07-26 : iPhone/iPad : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Hamano

Author:Hamano
各種OSS,iPhone/iPad,Continuous Integration(CI)などのソフトウェア開発技術、PHP、MySQL、JAVA/Servlet、JavaScriptなどのウェブ開発技術について、作業上のポイントやエラー・障害の回避策等を紹介していきます。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR